Mamoru Kijima

profile

At First

デザインはよく問題提起や課題解決の文脈で話されることがありますが、たまにデザイナーは翻訳者のような仕事だなと思うことがあります。なぜなら機械・製品・社会・世界と人々を繋ぐ間に、僕たちデザイナーは必ず存在するからです。橋渡し的な役目と言っても近いでしょうか。

仕事でデザイナーとして、デザインに触れる時間が増えるにつれ、そんなことを意識していくようになりました。翻訳者の仕事は自身を主張するのではなく、あくまで人と人のコミュニケーションを繋ぐ役割。同じようにデザインを通して、製品と人々が自然に繋がるように日々取り組んでいます。

Biography

貴島 衛

MAMORU KIJIMA

Designer

1994年生まれ。26歳。千葉県生まれの台湾と日本のハーフ。千葉商科大学政策情報学部2016年度卒業。大学卒業以降はDeNAに新卒入社し、メディア事業部、ゲーム事業部でサービスやキャンペーンのデザインに従事。その後FOLIOに転職し、自社の資産運用サービスやLINEとの提携サービスの画面、情報設計に2年間従事。FOLIO退社後はフリーランスとしてスタートアップから中小規模の企業で新規事業の立ち上げやサービスのリニューアルに1年半ほど携わる。

Contact

Mail : sadako0215@gmail.com

contact Contact